講師情報あすばる相談室ライブラリ福岡県内男女共同参画センター情報
 

「【NPO・ボランティア】」での検索結果

永光 祐子(ながみつゆうこ)さん

嘉麻市商工会女性部 部長 助走期間があってこそ 遠くへ跳べる 「好きな言葉は『一灯照隅(いっとうしょうぐう)』や『和顔施(わがんせ)』」と話す嘉麻市商工会女性部長の永光祐子さん。その言葉どおり、周囲を照らし出すような存在感を持つ女性だ。嘉麻市から東京やドイツへと、フットワークも軽く活動する永光さんの半生はいか...

詳細を見る>>

大森 洋子(おおもりようこ)さん

久留米工業大学 建築・設備工学科 教授 価値ある町並みや景観を残し 将来を見据えたまちづくりを 男子学生が大半を占める久留米工業大学で教授を務め、歴史的な町並みや文化的景観などの保全とまちづくりに取り組む大森洋子さん。柔らかな物腰と軽やかな身のこなしが印象的な女性だ。「学生からいつも元気をもらっています」と明...

詳細を見る>>

藤原 浩美(ふじわらひろみ)さん

むなかたプレーパーク主宰、IPPOトレーナー&IPPOアドバイザー 宗像を子どもたちの笑い声があふれるまちに 「心が折れるより、骨が折れる方がましだ」「ケガと弁当は、自分持ち」「子ども時間を思いっきり生きる!」そんなキャッチフレーズを掲げ、子どもがたくましく育つ環境モデルとして、2008年に「むなかたプレーパ...

詳細を見る>>

佐伯 美保(さえきみほ)さん

わくわくプレーパーク 代表 「子育て」を豊かにするものは、自分たちで創ることができる 「子育て環境都市・福津」として、まちづくりを進める福津市。そのきっかけとなったのは、地域の子育て支援活動である。「福間津屋崎子ども劇場」など複数の子ども関連NPOの理事を務め、「ふくつ子どもステーション“すてっぷ”」ほか数々...

詳細を見る>>

若江 皇絵(わかえはなえ)さん

NPO法人 くるめ日曜市の会 理事長 はなえ矯正歯科院長 久留米のメインストリートに活気あるマルシェを! かつて栄えた久留米市の中心街に、もう一度にぎわいを取り戻したいと立ち上がった歯科医がいる。熊本県出身の若江皇絵(わかえ はなえ)さんだ。「久留米には魅力的なものが点在している。それらを集めて市場を開けば、...

詳細を見る>>

小賀 友子(こがゆうこ)さん

明蓬館高校 副校長 教育機会の新たな可能性を目指して 「こんにちは」と気持ちの良い挨拶で迎えてくれたのは、廃校になった川崎町の安宅小学校を利用した広域通信制の「明蓬館高等学校」の生徒たち。開校当初からこの学校の副校長を務めているのが小賀友子さんだ。校内を案内しながら、生徒、地域の方との交流の話を嬉しそうに話す...

詳細を見る>>

原田 君子(はらだきみこ)さん

「くるんて~ぷの会」代表、特定非営利活動法人「NGO福岡ネットワーク」 事務局長、NGO相談員 支援を必要とする人たちがいるから 経済的な理由で学校へ行けないタイの子どもたちに、教育資金を提供する福岡のNGO「くるんて~ぷの会」。2代目代表として、約20年にわたり活動を続けてきたのが、原田君子さんだ。「会に入...

詳細を見る>>

諸藤 見代子(もろふじみよこ)さん

環のまなび工房 代表 教師経験を活かして、アジアの子どもたちに楽しい環境教育を 工業の町・北九州市は、公害を克服した都市としても知られている。2006年には「日本の環境首都コンテスト」で1位になるなど、行政と市民が一体となった環境への取り組みに高い評価を受けてきた。その取り組みの立役者ともいうべき人物が、北九...

詳細を見る>>

平 由以子(たいらゆいこ)さん

NPO法人 循環生活研究所 事務局長 「必要なものを楽しく循環させるくらし」の普及活動に注力 ダンボールを開くとつややかな茶色の土が。生ごみを肥料に変える「ダンボールコンポスト」だ。「ほら、ちゃんと育ってる」と穏やかな口調で話す平由以子さん。平さんの手が生育中の堆肥をすくい上げると、まるで応じるかのように堆肥...

詳細を見る>>

小川 恵美子(おがわえみこ)さん

特定非営利活動法人ソルト・パヤタス 事務局長 ゴミ山周辺で暮らす女性と子どもを支援 フィリピンの首都マニラ。パヤタスという地域に広大なゴミ投棄場がある。分別されずに捨てられたゴミの山は、炎天下にさらされ、強烈な悪臭を放っている。高さ30mもの巨大なゴミ山を歩き回り、金属やプラスティックなどを集める人たち。ゴミ...

詳細を見る>>

津田 利枝子(つだりえこ)さん

幼児教育研究 ゆめコロリン すべての子ども達の学びを保障したい! 体験を通して生活に必要な学習を身に付けさせる活動を進める「ゆめコロリン」代表の津田利枝子さんは、田川市を中心に、県内外各地で子どもの学びのサポーターとして活躍している。入学前までに必要なことを身に付けることで、入学後の学習習熟度が格段に上がると...

詳細を見る>>

小松 啓子(こまつけいこ)さん

社会福祉法人北九州市手をつなぐ育成会 理事長 (取材時:福岡県立大学 人間社会学部長) 人が人らしく生きるということを問い続けたい 小児栄養や、妊産婦栄養などの研究を続ける傍ら、田川市の男女共同参画審議会の会長も務める小松さん。栄養学という専門分野から保護者たちの生の声を聞き続けてきた。朝食欠損の問題が取りざ...

詳細を見る>>

渡邉 福(わたなべさき)さん

筑豊子育てネットワーク「かてて!」 代表 人とのつながりが私の財産 「私、子どもが苦手だったんです」と、意外な言葉で切り出した渡邉福さん。筑豊で活動する子育てグループ「かてて!」で8年に亘り代表を務めている。「子育て支援をしている人って、育児で悩んだ経験のある人が大半ですよ」と、明るく自然体で本音を聞かせてく...

詳細を見る>>

中村 佳奈(なかむらかな)さん

小倉リハビリテーション学院副学院長、作業療法士 (取材時:NPO法人北九州小規模連 「一丁目の元気」担当理事) 「みんなにやさしい街づくり」に貢献したい 小倉駅からほど近い商店街の一角にある「一丁目の元気」。木の温もりに包まれた店内には、さまざまな雑貨や食品が並び、カフェスペースでおしゃべりに熱中する女性たち...

詳細を見る>>

吉廣 啓子(よしひろけいこ)さん

公益財団法人福岡県女性財団 代表理事 / 前苅田町長(取材時:苅田町長)ボランティアの延長にあった町長職~「人は財産」をモットーにまちづくり~ 相手の立場から物を見る 月曜日の朝は、庁舎内に花を生けて回る。「入り口に消毒液だけ置いてあるより、気持ちがいいでしょう?」。自宅に客を迎える感覚で、心配りする。 北九...

詳細を見る>>

お問い合わせフォーム
公式Facebook
メルマガ登録
ふくおかみらいねっと
あすばるのすまっぽん!