講師情報あすばる相談室ライブラリ福岡県内男女共同参画センター情報
 

おしゃべり文化喫茶 

 福岡女学院大学の先生方を講師にお招きし、イギリスの文化や歴史を通して男女共同参画への理解を深めていただこうと開催している「おしゃべり文化喫茶」。今回は、ピーターラビットの作者として知られるビアトリクス・ポターの生涯と彼女が愛した、イギリス北部の自然豊かな湖水地方の魅力について紹介していただきました。
 絵本「ピーター・ラビット」は、病気療養中の家庭教師のこどもの見舞いに送った手紙に書き添えた絵が原型になっており、多くの子どもたちの心を引きつけました。
 絵本作家になる前は、きのこの研究にも取り組んでいたというポター。研究内容はかなりのレベルであったにもかかわらず、当時は女性であることを理由に論文の公表も許されなかったといいます。晩年は、湖水地方の美しい自然を遺すため、絵本の収益で土地を買い、自然保護運動に力を注ぎました。
 トークセッションの後は、講師の方々を囲んでの交流会を開催しました。湖水地方の写真や絵本を見ながら、会話もはずみ、参加者の皆さんからは、「ポターの生き方に共感しました。」や「時代背景がわかり、理解が深まりました。」等の感想をいただきました。

タイトル第5回「ビアトリクス・ポターと自然保護運動」
開催日時 2012年3月17日(土)

お問い合わせフォーム
公式Facebook
メルマガ登録
ふくおかみらいねっと
あすばるのすまっぽん!