講師情報あすばる相談室ライブラリセンター一覧

岡田 佳子(おかだけいこ)さん

福岡県商工会女性部連合会副会長・筑後支部長 みやま市商工会女性部長

まちの逸品ブランドを開発し観光客を呼び込む!

 「このセロリのお菓子、とても好評なの。ぜひ食べて!」。明るく元気な声が響く。自らを「好奇心旺盛な性格」と分析する岡田佳子さんは、みやま市商工会女性部長だ。2011年に就任以来、地元産の逸材を原料にした商品開発に取り組んでいる。柔軟な考え方と、アイデアをまとめカタチにする実行力が、地域活性化のために試行錯誤を重ねる人たちの期待を集めている。

始めてみなければ結果は出ない

 商品開発を手掛けるきっかけは、観光名所「清水山ぼたん園」が毎年春に開催するまつりだ。イベントを盛り上げるため、お茶やぜんざいなどを提供し、観光客をもてなしている商工会の女性部。主役である約2500株の牡丹の花は、ベストな状態を鑑賞できるよう毎日手入れされ、ほんの少しでも盛りを過ぎたものは即処分されていた。しかし、運営に関わる人々は皆「まだ十分に美しい花を捨てるのは忍びない」という思いを抱いていた。そんな折に、「切り取った花を、観光アピールに繋がる商品にして売り出そう」という話が持ち上がった。部内では不安やためらいの声もあったが、「失敗してもいい。まずはやってみましょうよ!」率先して体を動かす岡田さんの一声で皆の心が一つにまとまり、商品開発へと動き出した。
 使い心地や成分など、皆で意見を出し合い、勉強会を重ね、花びらから抽出したエキスを用いた、無香料・無着色の自然派石鹸「花みやま」を2012年に誕生させた。デビューを果たした石鹸は、今や姉妹品も登場する商品へと成長した。
 一方で、全国でも指折りの生産量を誇る地元産セロリにも着目。出荷時に「邪魔だから」と捨てられる周囲の葉を使って何かできないかという話が持ち上がった。そこでまた、「とりあえずやってみよう。もしも失敗したら次に生かせばいい」とアイデアを出し合い、セロリ味のアクセントを付けたお菓子を開発した。道の駅限定で販売を始めると、他にない新鮮な味が観光客の話題を呼び、売れ行きを伸ばしている。さらに2014年には薬膳カレーの開発にも挑戦し、商工会女性部全国大会に出展。お土産の目玉となる新商品を登場させた。これらの功績と部会の運営は高い評価を受け、2014年秋に全国商工会連合会会長表彰女性部功労者として表彰を受けた。
 家業と家事に奮闘しながら、部長として数々の決断をするのは、簡単なことではない。活動の原動力となったのは、「魅力ある商品を発信して、多くの観光客を呼び込みたい」強い願いと「皆の信頼に応え、絶対に商品を完成させる」という揺るぎない意志だ。捨てられてしまうものを原料にユニークな商品を作り、みやま市の魅力につなげようとする岡田さんの心意気に惹かれ、協力者の輪も広がった。

導いてくれた先輩から学んだもの

 みやま市生まれの岡田さんが商工会の会員になったのは、40代半ば。同地域で自営業を営む夫と結婚以来、共に家業を切り盛りしている最中だった。一つの“出会い”が入会に繋がったという。「当時、女性部の部長をしていた方の人柄に惹かれたんです。積極的に課題に取り組む姿勢。率直な物言いの中にも思いやりがある温かさ。この女性に学ぼうと決めました」。決断力に優れ、誰に対しても裏表のない先輩の背中を追ううちに、次第にリーダーを任されるようになった。
 長年地元で商売をしているので、親しくなった客との会話も弾む。子育てにおいても、同居の義父母や夫の協力あってこそと、感謝の言葉が尽きない。
 今後は、すでに販売中の薬膳カレーに、地元産の素材を取り入れて、個性に磨きをかけ、人気商品に育てたいと熱意を見せる。セロリのお菓子についても、地元に根付く商品にしていきたいと、希望を語る。「みやま市を目指して観光客が押し寄せるような魅力ある商品を沢山作りたい」と、瞳を輝かせた。
(2015年 1月取材)

コラム

 若い頃はヴァイオリンを習っていたという岡田さんは、音楽愛好家。このところ趣味の民謡三味線を練習する時間が持てないが、「楽器は一生の友達。いつかまた再開し、練習しようと思います」。加えて、「歌うのも好き。社会人のコーラスサークルに入っている息子と、デュエットするのが楽しみ」と、顔をほころばせる。音楽によって磨かれた豊かな感性は、岡田さんの“輝きのもと“だ。

プロフィール

旧瀬高町(現みやま市)に生まれ。40代半ばで、瀬高町商工会(現みやま市商工会)に入会。2011年みやま市商工会女性部長に就任。2014年全国商工会連合会より、商工会女性部の運営及び事業活動に尽力した功績にて表彰。






キーワード

【あ】 【働く・キャリアアップ】

お問い合わせフォーム
公式Facebook
メルマガ登録
ふくおかみらいねっと
あすばるのすまっぽん!