講師情報あすばる相談室ライブラリ福岡県内男女共同参画センター情報
 

あすばるライブラリー◆新着図書情報(2022年11月)

あすばるライブラリー
新着図書情報(2022年11月)

※ 新型コロナウィルス感染予防のため、当面の間、施設利用・サービスの一部を制限しています。
  詳しくは、新型コロナウイルス対応についてをご覧ください。


※ 新着図書は、11月4日貸出開始です。
 


だから私はここにいる 世界を変えた女性たちのスピーチ
アンナ・ラッセル/著 カミラ・ビニェイロ/絵
堀越英美/訳
フィルムアート社 
 
 本書は、古くはエリザベス1世から、近代のマリー・キュリーやヴージニア・ウルフ、最近のエマ・ワトソンに至るまで、世界の名だたる女性たちによる54本のスピーチを収録したものです。時代を的確にとらえ、人々の心を掴んだスピーチを通し、女性たちが社会にもたらした変革の歴史をたどることができます。信念を貫く強さと人への愛にあふれた言葉の数々は、読む人に勇気と感動を与えてくれます。



コークスが燃えている
櫻木みわ/著
集英社



 この小説は、コロナ禍の東京を舞台に、筑豊生まれの主人公“ひの子”が、年下の元恋人と再会し、再び別れるまでの物語です。非正規雇用、高齢出産、ひとり親といった女性を取り巻く現状と、その中で支え合いながら生きるシングルマザーたちの姿がリアルに描かれています。重要な場面で、筑豊の女鉱夫たちの言葉を綴った実在の書籍や、うどんチェーン店が出てくるのも、福岡出身の著者ならではの味のある一冊です。



6ヵ国転校生 ナージャの発見
キリーロバ・ナージャ/著
集英社
 
 
 旧ソ連に生まれた著者は、両親の仕事のため世界を転々とする子ども時代を過ごしました。この本では、まず、日本を含む6カ国9地域の学校での体験が、子どもの頃の著者の目線で語られています。その後、大人になった著者が、各国での様々な発見を振り返りながら、「ふつう」とは何か、「ベスト」とは何かを私たちに問いかけます。子どもも大人も、多様性について学ぶことができる本です。



▼新着図書一覧はこちら▼
あすばるライブラリー11月新着図書リスト

▼バックナンバーはこちら▼
あすばるライブラリー新着図書情報

お問い合わせフォーム
公式Facebook
メルマガ登録
ふくおかみらいねっと
あすばるのすまっぽん!