講師情報あすばる相談室ライブラリ
 

あすばるライブラリー◆新着図書情報(2021年7月)

あすばるライブラリー
新着図書情報(2021年7月)
 
※ 新型コロナウィルス感染予防のため、当面の間、施設利用・サービスの一部を制限しています。
  詳しくは、【重要】あすばるライブラリーの閉室と開室についてをご覧ください。
 

 


保健室から見える親が知らない子どもたち
桑原朱美/著
青春出版社
 



 たくさんの生きづらさを抱えている子どもたちと出会い、どう対応すればよいか試行錯誤を重ねてきた養護教諭の著者が、表面的に起きている「現象」ではなく、現象の背景や奥深くに存在する「問題の本質」を見る視点が重要と、本書では説いています。子どもの生きづらさの事例やその対応方法を知ることで、大人も、自分自身が向き合ってこなかった、自分の中の生きづらさを考えるきっかけになる一冊です。



52ヘルツのクジラたち
町田そのこ/著
中央公論新社

 

 

 本書は、親から長年にわたり虐待を受け、心に深い傷を負っている主人公・貴瑚(きこ)が、大分の小さな海辺の町に引っ越し、そこで母親から虐待されている少年と出会い、自分の過去に向き合っていく物語です。クジラが発する音波を聞くように、苦しみの中にある人の声に耳を澄ませる登場人物の心の交流を描いています。著者(福岡県在住)は、本作品で2021年本屋大賞を受賞しました。



女の子だから男の子だからをなくす本
ユン・ウンジュ/文
イ・ヘジョン/文
すんみ/訳
etc.books

 
 日々の暮らしの中で目にする、ジェンダー規範にとらわれた考え方がいかにおかしいか、子どもも大人も楽しく気づきを得ることができる絵本です。「女の子だから」「男の子だから」という「ことば」が、いかに子どもの行動や思考を制限しているかをイラストで分かりやすく解説しています。「ことば」の呪縛から自由になることで、一人ひとりの違いは個性であると再認識できる一冊です。


▼新着図書一覧はこちら▼

あすばるライブラリー7月新着図書リスト

 

▼バックナンバーはこちら▼
あすばるライブラリー新着図書情報

お問い合わせフォーム
公式Facebook
メルマガ登録
ふくおかみらいねっと
あすばるのすまっぽん!