講師情報あすばる相談室ライブラリ
 

平成26年度 大学連携・若年者スタート応援事業【福岡地区】(6/29開催分)

「女性活躍」が期待され、社会制度の改正や両立支援が進んでいます。しかし就職難や待機児童問題、両立支援の課題などが語られる中で、これからのキャリア、ライフプランに不安を抱える女子学生も少なくありません。
そんな若者、とくに研究者や技術者を目指す学生が「自分らしく働きつづけること」への理解を深めるためのシンポジウムを九州大学と共同主催で開催しました。

当日は、大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構理事(前お茶の水女子大学学長)の郷通子さんをコメンテーターに迎え、ファシリテーターの九州大学男女共同参画推進室の山㟁玲子さんの進行で、企業や大学で研究者・技術者として働く女性6名が、キャリア選択のきっかけや仕事内容、育児や趣味などプライベートとの両立を紹介。「可能性は無限大。結果さえ出せば男女にとらわれず評価してもらえる。」「未来を考えるのも大切だが『今』に集中にすることも大事。」「子育ても研究もたくさんの人のサポートを受けながら続けてきた。」など、多くの学生がいきいきと人生を歩んでいくためのヒントとなる言葉が多く聞かれました。
また後半では、質問タイムとワークショップを設け、改めて自分のキャリアや人生設計について深く考え、参加者同士でシェアをする有意義な時間をすごしました。


参加者からは「将来への漠然とした不安があったが,性別にとらわれず前向きな人生を送りたいと思えた。」「女性研究者の身近なロールモデルが少なく、こんな話を聴くことができたのは今回が初めてだった。」「仕事と育児の両立に対して不安だったが、話を聞いて、自分もやってみたいと思えた。」などの感想が寄せられました。

    タイトルプロフェッショナルへのキャリア&ライフパス ~女性研究者・技術者編~
    開催日時 2014年6月29日(日)

    その他写真

    お問い合わせフォーム
    公式Facebook
    メルマガ登録
    ふくおかみらいねっと
    あすばるのすまっぽん!