講師情報あすばる相談室ライブラリ福岡県内男女共同参画センター情報

 

あすばるセンター長コラム№.12 2024.07.03

例年より2週間程遅く、6月17日に梅雨入りしました。局地的に激しい雨が続き、被害も報告されるなど、心配な状況です。衷心よりお見舞い申し上げます。

6月12日、世界経済フォーラムが、世界各国の男女平等の度合いを数値化した2024年版ジェンダー・ギャップ指数を発表しました。日本は全体スコア0.663で、146カ国中118位でした。過去最低だった昨年の 125位(スコア0.647)から僅かばかり改善したものの、先進7カ国(G7)では依然として最下位、東アジア・太平洋地域では下から2番目と、各国が格差解消の取り組みを進める中、歩みの鈍い状況が続いています。政治、経済分野の遅れが顕著で、経済分野は昨年が123位(スコア0.561)、今年が120位(スコア0.568)と低水準が続いています。政治分野は、昨年138位(スコア0.057)から今年113位(スコア0.118)と改善が見られますが、その主な要因は女性閣僚の増加(2人→5人)で、既にいる女性政治家を再配置したことによる変化に過ぎないともいわれており、女性参画が進むための取り組みが求められます。

あすばるでは、8月25日(日)午後、「政治分野における男女共同参画セミナー~政治分野のジェンダー平等実現のために~」を開催します。

駒澤大学名誉教授の大山礼子さんと、今夏、在福岡米国領事館の政治・経済担当領事に着任される予定のロブ・フォースさんの講演、福岡・女性議員を増やす会理事の藤田一枝さん(元県議会議員、元衆議院議員)、宗像市長の伊豆美沙子さん(元県議会議員)によるパネルディスカッションです。コーディネータは(公財)福岡県女性財団の甲木正子代表理事が努めます。

なぜ日本は政治分野でのジェンダー平等が進まないのか、女性が政治に参画すると社会がどう変わっていくのか、一緒に考えてみませんか。皆さまのご参加をお待ちしております。

高校生がジェンダー平等について考える『高校生×ジェンダー平等 ワークショップ』が始まり、先週、6月29日(土)に第1回を開催しました。
県内各地から34名の高校生の皆さんが集い、3チームに分かれて、それぞれの関心事や気になることについて意見交換し、チーム内でテーマ決め等が行われました。この成果報告会を、11月23日(土・祝)の福岡県ジェンダー平等フォーラム2024のステージで開催します。若者達の発表をお楽しみに!

 

梅雨の晴れ間の太陽が眩しいですね。今夏は梅雨明け前からも猛暑が予想されており、熱中症対策が呼びかけられています。皆さまご自愛ください。

令和6年7月

福岡県男女共同参画センター「あすばる」

センター長 野田 律子

第1回高校生×ジェンダー平等 ワークショップ

お問い合わせフォーム
公式Facebook
メルマガ登録
ふくおかみらいねっと
あすばるのすまっぽん!