講師情報あすばる相談室ライブラリセンター一覧

清水 佳香(しみずよしか)さん

NPO法人エコけん 理事長

「持続可能な社会づくり」を目指して

 「一人ひとりが自分や未来のため、何か始めたくなるように、心を揺さぶりたい」。NPO法人「エコけん」にかける思いを優しいトーンで語る、理事長の清水佳香さん。誠実さがにじみ、社会や人への優しい思いがあふれていた。

10年の専業主婦を経て、教職に復帰

 大学卒業後、小学校教員になった。だが、結婚のため1年で退職して、北九州へ。「10年間は完全に“お母さん”として、3人の子どもたちと長い時間を過ごしました」。幾度かの転勤を経て、福岡県古賀市に居を構えたのは、35歳のとき。夫は単身赴任で、子どもと暮らしながら、中学校の非常勤講師として念願の復職を果たした。「仕事がとにかく楽しくて、天職だと思いました」。けれど、そんな生活には思わぬ形で終止符を打つことになる。「3年経ったとき、どうしても仕事を辞めなければならなくなり、2、3か月は泣いて過ごしました。本当にこれでいいのだろうかと自問自答を繰り返し、たどり着いたのは“育つ人の傍らにいたい”という思いでした」。

工場の建設計画を知り、活動を開始

 数年後のある日。自宅からわずか1kmのところに、ゴミ焼却施設の建設計画があると知り、大きな不安に襲われたという。「当時、ダイオキシン問題が世間を騒がせていたので、子どもへの影響を考えると怖くて」。とはいえ、ゴミについては、何も知らない。自分で調べ学び、ダイオキシンの発生を減らすには、原因となるプラスチックの分別が重要だとわかった。1999年に有志10余人で団体を立ち上げ、2年後にNPO法人エコけんを設立して、工場完成までの3年間、プラスチック回収に取り組み、廃プラスチックを油に変え新たなエネルギーとして再生するプラントへ自分たちで持ち込んだ。
チラシを配り、地道に回収活動を続けた。すると、表立ってではなくても、ゴミ分別に協力してくれる人がだんだん増えた。「分別でゴミが減れば、ゴミ袋代が節約できる。その分を寄付してくれる方もいて、3年間で100万円ほどの寄付が集まりました」。
こういった活動を受け、工場完成後は行政が容器包装プラスチックを資源回収するようになった。

体験を入口として、未来に向けた行動を

 エコけん設立から15年。「持続可能な社会づくりを、私たちの地域から」を使命として、古賀清掃工場「エコロの森」の再生・展示棟の業務委託をはじめ、学校や市民への出前教室、企業との協働、エコイベントなど、多様な活動を展開している。
「エコロの森」で実施する「エコ教室」などの講座は、年間約4,000もの人が参加している。
また、福岡県が実施する「ふくおか環境マイスター派遣制度」や「3R(リデュース・リユース・リサイクル)の達人派遣事業」を活用した無料の出前講座を実施している。
 2013年からは「しろくまプロジェクト」と題し、未来を担う子どもに環境教室を開くため、1口1,000円の寄付を募り始めた。すごろくや手回し発電機などの体験型メニューがあり、これまで小学校8校で教室を実施した。「一番の敵は無関心。体験を通して、興味を引き出すように心がけています。子どもが自分の生活を振り返り、人・モノ・環境・未来との関わりに思いをはせ、自分にできることを考えるきっかけにしてほしい。それに、寄付をしてくれた人との温かいつながりを感じられれば」。
 エコけんのモットーは「してみんとわからん!」。難しい理屈やデータで物申すのではなく、「生活者の視点で、自分たちが実践したからこそわかることを伝えたい。そして、まわりと温かいつながりを紡ぎながら、粘り強く活動を続けていきます」。期せずして、“育つ人の傍らにいたい”という思いをエコけんの活動で叶えた清水さん。情熱を胸に、これからもできることを一つずつ積み重ねていく。 (2014年6月取材)

コラム

私の大切な時間

 休みの日には、庭で野菜作りをするのが趣味だという。「実家が農家だったので、土に触れていると癒されます。時間を忘れて作業に没頭し、リフレッシュにもなりますね。今はズッキーニやトマト、キュウリ、枝豆が育っています。野菜を収穫して、保存食にする。生ゴミは土に埋め、次世代に循環させますよ」。

プロフィール

熊本県生まれ。熊本大学教育学部を卒業後、熊本で小学校教諭として働く。結婚のため退職し、3児を出産。中学校の非常勤講師を3年ほど務める。1999年に任意団体「ごみ処理建設をきっかけに古賀市の将来を考える会」設立。2001年、NPO法人「エコけん」設立。2003年から玄界環境組合古賀清掃工場「エコロの森」再生展示棟の運営に携わる。古賀市・新宮町環境審議会委員などを歴任。環境省の環境カウンセラー、福岡県の3Rの達人やふくおか環境マイスターなどに登録。






キーワード

【さ】 【NPO・ボランティア】

お問い合わせフォーム
公式Facebook
メルマガ登録
ふくおかみらいねっと
あすばるのすまっぽん!