講師情報あすばる相談室ライブラリ
 

【太宰府市元気塾】報告レポートvol.4「描いたものを伝えよう①〜会議の進め方を学び、目の前のことを整理する」

日時:2018年12月9日(土)10:00~12:00 
会場:とびうめアリーナ(1階 研修室)
参加者:女性19名(30代~60代)男性1名(60代)の計20名

講座「描いたものを伝えよう①〜会議の進め方を学び、目の前のことを整理する」
講師:福岡教育大学非常勤講師 (一社)ママトコラボ理事 佐藤 倫子さん




【報告】
・前回のアンケートにて、関心が似ている人をざっくりとグループ分け。

・講座全体のアドバイザーでもあり、前回の講座ではコーディネーターとして参加して下さった佐藤 倫子さんに講師をして頂きました。

・ファシリテーションの手法「書く」「訊く」を学び、やりたいことを「整理する」方法を知りました。

・各自「自分の気になる地域課題」をグループで共有しました。
その際、ファシリテーター役の人が話した人の言葉を模造紙に書いていきました。
それにより、話し合いのプロセスが共有できたり、対等な参加を促進する、「可視化」の効果を体感しました!



・自分たちで出来そうなことで、皆で考えたいテーマをグループで考えました。
ファシリテーター、スピーカー役になり、皆の思いを共有し、その中から一つを選び、テーマを広げました。




皆さん話がどんどん広がって、あっという間に模造紙が文字で埋め尽くされていきました。
次回が益々楽しみです。




〜アンケートより〜
印象に残ったワードと理由
「可視化」
・考えたことを見える事にすることの重要性が分かった。
・分かりやすく話も進めやすくなった。


「オープンクエッション」「例えば?、と言うと?」
・話が広がる!
・意識して使うことがなかった。


感想
・仕事でも使いたいし、日常の生活の中でも意識できると会話が楽しくなりそう。

・まずはパパと子どもに、「と言うと?」



 

お問い合わせフォーム
公式Facebook
メルマガ登録
ふくおかみらいねっと
あすばるのすまっぽん!