講師情報あすばる相談室ライブラリセンター一覧

あすばるライブラリー◆あすばる相談室のブックガイド 10月のおすすめ

あすばるライブラリー
あすばる相談室のブックガイド 10月のおすすめ


女性の様々な相談を受け付けている「あすばる相談室」。
相談室スタッフの目線から、毎月おすすめの本を紹介する あすばる相談室のブックガイド コーナー、10月のおすすめをお届けします! 


【今月の相談室スタッフのおすすめ】
『日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?』
 Create Media/編(dZERO、2017年)
 この本のタイトルにドキリとした方もおられるでしょう。
称賛される「親子愛」とは真逆の真実です。
親に対して、とてもじゃないが「ありがとう」と言えない育てられ方をした方々の声を集めた本です。
とてもリアルです。綺麗ごとではすまない現実です。

 当事者の方は親以外の誰かにつながることが生きる力になっているようです。親を捨てることで「自分を大切にすること」「自由に生きていくこと」を実感できるのでしょう。

 この本は20年前にも刊行され、その時に解説文を書かれた信田さよ子氏が今回も解説文を寄せています。
信田氏はこの20年、親側が何も変わってないことを指摘し、「この本が、虐待を自分の事として認識できる大人を一人でも増やす一助になってほしい」と締めくくっています。

「我が子は我が物ではなく、自分の自由になる存在ではない」ことをすべての親は肝に銘じるべきだと思います。
虐待の事実について、子が親を訴え損害賠償を請求できるようになると少しは変わっていくのでしょうか。

 日本中の、いや、世界中の親(親になろうとしている人)は「自分はここまで酷くはない」と思わずにこの本と向き合ってほしい。
親と子は、それぞれの人生を自由に歩んで良い関係性の生き物です。 


おすすめの本はあすばるライブラリーで展示・貸出するほか、WEBサイトでも毎月ご紹介していきます。ぜひチェックしてくださいね!

▼これまでの記事はコチラ▼
あすばる相談室のブックガイド 一覧
 

お問い合わせフォーム
公式Facebook
メルマガ登録
ふくおかみらいねっと
あすばるのすまっぽん!