講師情報あすばる相談室ライブラリ
 

あすばるキャリア塾 第4回

一雨毎に寒くなり冬の訪れを感じる11月8日に「あすばるキャリア塾第4回」を開催しました。
今回は、福岡で唯一の国際機関である国際連合人間居住計画ハビタット福岡本部  本部長補佐官の星野幸代さんをゲストにお招きしました。

国連機関のハビタットは、アジア太平洋地域だけでも2000人近い職員が従事されており、福岡本部は、世界28ヵ国の中心的役割を果たしています。星野さんは、アジア太平洋地域を担当されています。近年は、次々に発生するアジアの自然災害の支援プロジェクトに関わりながら、多忙な日々を送られています。また、アジアの玄関口、九州福岡にある国際機関として、日本の環境技術などをアジア各国に紹介する営業マンとしての活動にも力を入れているそうです。九州には、優れた環境技術や商品を持っている中小企業が数多くあり、直接電話で交渉し技術や商品の提供を依頼し、ゴミ処理施設が整っていない国への段ボールコンポストの提案、納豆菌を入れ込んだブロックで下水処理をする製品の提案など、これまでに実現したプロジェクトの事例を紹介していただきました。今後も、海外に向けたビジネスに発展する可能性を持った企業へのアプローチに力を入れていきたいと話されました。

ハビタットは、年齢ではなく経験を重視した採用をしており、職員一人ひとりが「自分には何ができるか」を考え、強い信念を持って仕事をしているそうです。男女の比率は五分五分を目指しており、世界各国で活躍している女性も多く、家族や子供がいる女性が働きやすいように福利厚生も充実。世界では、まだまだ女性の財産権や相続権がなく女性の人権が認められていない国々があり、そのような国々に対して政策提言を行ったりしています。男女平等を推進している国際機関として、職員の男女の比率を同じにすることは当然のことですねと結ばれました。

また、ご自身のボランティア活動についても触れられ、ホームレスの方々の自立支援につながる活動「ビッグイシュー日本版」の翻訳も、創刊号当初から続けてこられています。会場の皆さんからは、どのようにボランティアに関わっていったらいいのか質問が出るなど、改めてボランティアについて考える機会となりました。

星野さんのお話しを通して、世界を身近に感じながら、グローバル社会の中で活躍する女性の姿をイメージできる、とても有意義な時間となりました。

タイトルひとりひとりの心の中に平和の種を
開催日時 2011年11月8日(火)

その他写真

お問い合わせフォーム
公式Facebook
メルマガ登録
ふくおかみらいねっと
あすばるのすまっぽん!